部活動戦績報告

新年度が始まり、あっという間に2週間が経過しました。学習活動が軌道に乗り始めたところですが、週末は中国大会や県総体へ向けた各予選が行われています。

今日はバドミントン部と柔道部から報告がありました。

バドミントン部

広島県高校総体広島地区予選
女子ダブルス
三林・上原 5位
岡田・石原 ベスト16

柔道部

中国大会広島県予選
男子団体3位
女子団体優勝

男子個人
66キログラム
西村2位
73キログラム
宮本4位
女子個人
48キログラム
江本優勝
52キログラム
道法2位
63キログラム
中尾優勝
70キログラム
飯田優勝
佐藤2位
78キログラム
吉田優勝
川口3位
78キログラム超
古賀優勝
八巻2位

学校案内作成中

4月13日、14日の2日間、今年のパンフレット、ウエブサイト用の写真撮影を行っています。天気も良く、桜も満開で撮影日和です。

昨年完成した新しい施設、インドアターフでの撮影もありました。出来上がりが楽しみです。

新入生校外オリエンテーション

1年生は昨日から場所を芸北文化ランドへ移動し、1泊2日の日程で校外オリエンテーションが実施されています。3グループに分かれ、4月18日まで実施されます。

校外オリエンテーションでは集団での規律などを身につけ、さらにONとOFFのケジメをつけることで集中力を高め、高校の授業にスムーズに入っていけるように取り組んでいます。

17:30から夕食の準備をします。

豪快に肉を焼いています。果たして食べきれるのだろうかと心配になるくらい準備されています。



芸北文化ランドから帰ってくると、1年生各クラスは授業が始まります。

新入生オリエンテーション2

新入生オリエンテーション4日目になりました。

進路調査と通学アンケートを実施しました。「中学校時代に進路相談は誰にしましたか」「1日の学習時間は?」「高校生活での一番の目標は?」など18の質問に答えていきます。進路調査は各学期ごとに実施され、集計されます。この調査結果を大切に受け止め、一人ひとりの夢の実現に向けてサポートしていきたいと考えています。

この調査アンケートはiPadを使用します。戸惑うこともあったようですが、スムーズに入力作業を終えることが出来ました。

新入生校内オリエンテーション実施中

まだまだ緊張した面持ちの新一年生ですが、昨日から校内オリエンテーションを実施しています。
学校周辺は坂道が多いため、校外の道路を歩き、危険な個所を実際に確認しました。

今日は曇り空ですが、桜は満開です。

安全に自転車通学をするため、一台ずつ自転車の点検をします。
校舎内の坂道を利用してブレーキのテストを受けるため、順番を待っています。

 

平成29年度対面式

平成29年度対面式

4月8日(土)、新年度初めて全校生徒が集合して対面式が行われました。全校生徒1346名。全員が整列した光景はなかなかのものです。國貞校長先生から「上級生は思いやりの心を持って新入生を迎え、新入生は困ったことがあれば遠慮無く先輩方に相談をしてほしい。」という挨拶がありました。

松尾龍弥生徒会長より挨拶。「広陵高校は文武両道の学校です。一緒に新しい広陵高校を作っていきましょう。」と熱いメッセージを伝えました。


新入生代表の西原彩生さん挨拶。「広陵生としての自覚を持って、勉強や部活動に励み、仲間と共に充実した高校生活になるよう努力していきます。」と決意を込めた挨拶でした。


向かって左が1年生。右が2、3年生。これから共に力を合わせて広陵高校の歴史を作っていきましょう!!

第1学年スピーチコンテスト

 

本日午後、1年生の二分間スピーチコンテストが講堂で実施されました。

「自己を見つめ、社会と自分との関わりを考え、人に伝わる表現を工夫して発表する」という目的で、各クラスの代表者が発表します。代表者を選出するため、各クラスで生徒全員が発表し、準備を進めて来ました。

このコンテストはスピーチをする代表者だけではなく、司会、審査員、集計係、タイムキーパー、進行係まで全て生徒が運営していることも特徴です。

発表するテーマは自分自身の心の成長、友人や家族への感謝、興味のある学問や将来の夢、ボランティアに参加した経験など考え抜かれたもので、聞く者を惹きつける工夫が凝らされた素晴らしい発表ばかりでした。

ステージで発表する友人が普段見せる顔とは違い、なかなか話す機会がない考えや夢や悩みを共有することが出来たので、自分自身も考えを深める刺激になったようです。

入学してまもなく一年ですが、聞く態度も全員優秀で着実に成長を遂げていることがよくわかりました。

 

最優秀賞
H組  高田萌里さん 「ドラえもん」

優秀賞
K組  岡田侑己君 「将来の夢」

優秀賞
E組  森政遙奈さん 「弟と夢と焼肉」

 

今日の発表者とスピーチのテーマは次の通りです。(発表順)

K組 岡田 侑己  「将来の夢」
C組 渡部 丈   「将来の自分」
G組 有家 帆乃鼻 「年間を振り返って」
B組 宮坂 真里菜 「私の音楽」
F組 中田 紗蘭  「夢」
D組 竹内 音々  「青色のメガネの女の子」
E組 森政 遙奈  「弟と夢と焼肉」
J組 越智 輝   「いじめについて」
A組 山口 匡裕  「情報工学と僕」
L組 大塚 凪紗  「自分の将来」
I組 青山 みなみ 「自分の将来」
M組 中平 大士  「地元への貢献」
H組 高田 萌里  「ドラえもん」

 

防災訓練を実施しました

12月1日木曜日6限目に防災訓練が行われました。

14:40 地震発生!!まず、机の下で安全確保。

bousai001 bousai002
揺れが収まるまでじっとします。

14:42 地震の影響により火災発生。本館2階職員室で火災が発生しました!!
放送の指示に従って、グランドへ避難。
bousai003 bousai004
速やかに、しかし、決して走らない・押さない・しゃべらない・ポケットに手を入れないように避難しました。

bousai005

点呼、安全確認、報告のすべてが完了するまでおよそ9分。10分以内の全員の安全確保を目標に行った訓練だったので、時間は合格です。

全校生徒1400名以上が一斉に移動します。今回は訓練ということで、落ち着いて行動することが出来ましたが、いざという時に適切な行動がとれるよう、備えておきましょう。

修学旅行最終日

北海道コース

朝ホテルを出発して、まずは札幌場外市場に行きました。最後の海産物のお土産を生徒は買っていました。
hokkaidosapporo002

そして、小樽市まで移動し、班別自主研修を行いました。小樽はガラスが有名でたくさんのお店が並んでいました。
hokkaidootaru002
hokkaidootaru003

 

関東コース

関東修学旅行最終日はまず、東京スカイツリーへと向かいました。展望台から富士山方向を眺めてみましたが、残念ながら霞で見ることはできませんでしたが、遥か遠くまで広がる景色に声があがっていました。345m地点では足下のガラスを通して真下が見えるスリリングな体験もしました。
kantoskytree
kantoskytree003

その後、国会議事堂へ移動し、見学しました。
kantogijidou

 

沖縄コース

ホテルの方にご挨拶をして出発。
okinawasaisyuu

まずは首里城公園を訪れました。色鮮やかな守礼門前で集合写真を撮りました。
okinawasyurijou

国際通りにてお土産を求めて、あちこち歩き回る生徒たち。
oinawakokusai

那覇空港にて帰りの便に乗り込む。沖縄の素敵な思い出とお土産を持って広島に帰ります。
お世話になった方々に心から感謝します。ありがとうございました。
okinawasaigo

修学旅行3日目

北海道コース

午前中はニセコ自然学習でした。

生キャラメル・アイスクリーム・焼絵皿作り、ロッククライミング、トレッキングの3つのグループに分かれて学習しました。

生キャラメルは班によって固さに差がでましたが、どの班も美味しかったです。
ロッククライミングはとても高いところまで頑張って登っていました。

hokkaido001

hokkaido002 hokkaido003

 

関東コース

今日は生徒が待ちに待った東京ディズニーシーです。
午前10時頃から午後8時半くらいまでアトラクションやショッピングを楽しむ予定です。

kantodysney001
kantodysney002

 

沖縄コース

今日もこの上ない快晴です。
ホテルの方にお礼のご挨拶をし、カヌチャベイホテル&ヴィラズを後にしました。
今日は観光の一日となります。
okinawakanucha

沖縄で話題のパワースポット、古宇利大橋を全員で歩きました。
青い空と紺碧の海の間に伸びる橋。不思議な感覚でした。
okinawakouri001

幸運にも大きなウミガメがのんびり泳ぐ姿を見ることができました。とても小さく写っていますが、見つけられるでしょうか。
okinawakouri002

「万人が座するに値する」という、かつての琉球国王の言葉から名付けられた「万座毛」。
その由来通りの草原が広がっていました。ちなみに「毛」とは「草原」という意味だそうです。
okinawamannzamou

道の駅「かでな」から見た米軍の嘉手納基地。
607万坪(東京品川区とほぼ同じ)という広大な敷地が広がり、4㎞もの滑走路を有しています。
基地の広大さに圧倒され、基地問題に揺れる沖縄の一端に触れた時間でした。
okinawakadena
okinawakadena002