「平成30年度センター試験」直前説明会

ついに受験生にとって意味深い試験を明日に控え、諸注意と激励が行われました。
●激励の言葉
國貞和彦 校長

明日、センター試験を受験する生徒たちを前に、「皆さんは今は『人事を尽くして天命を待つ』という心境かもしれない。努力すれば夢は叶うと信じて、これまで苦しい受験勉強に取り組んできたと思う。その姿、頑張りを受験の神様は見ていると思う。また、今まで皆さんを応援してくれた家族、友人、先生たちがいる。今までのルーティーンを大切に、平常心で頑張ってきてほしい。」と励ましの言葉を述べられました。

藤岡義憲 学年主任

今まで授業の中で伝えてきたアドバイスを再度皆に伝えた後、今までやってきたことを最大限発揮して頑張って来てくださいと、エールを送られました。

●説明 古葉大悟 進学主任

「えっ!? 本当にそんな物を持って来る受験生がいるの?」「本当にそんなことをしてしまう受験生がいるの?」という事例も含めながら、具体的な諸注意がなされました。

●諸注意 田中弘明 進路指導部長

私たち教員は、みんなと代わってあげることはできない。自分の人生の舞台は自分の足で立たねばならない。その第一歩として、この試験を頑張って来てほしいと述べられました。

皆さん、いよいよ本番です。今まで努力してきたことをしっかり発揮して、悔いのない受験となるよう、応援しています。

平成29年度 3学期始業式

あけましておめでとうございます。年末年始はいかがでしたでしょうか。
今日から3学期が始まりました。

◆ 校長訓話 國貞和彦 校長

まずは冒頭で新年の挨拶の後、年始にあたり1年の目標を立て、
その達成に向けて一日一日を大切に過ごしてほしいと述べられました。

また、今年のNHK大河ドラマの主人公である西郷隆盛の漢詩の一節にある
「雪に耐えて梅花麗し」
(冬の雪や厳しい寒さに耐え忍ぶからこそ、春に美しい花を咲かせ、かぐわしい香りを放つのだ)を取り上げられ、様々な困難や試練に打ち勝って乗り越えていくからこそ大きな進歩成長が見られるのである。大成するためには不断の努力が必要だということを述べられ、各学年の生徒に1年の集大成(3年生にとっては高校生活の集大成)を悔いなく過ごしていこうと伝えられました。

◆ 入賞披露
・柔道部(左)
2017チェジュカップ インターナショナル柔道トーナメント
第1位 吉田智美 第2位 道法志歩 第3位 川口栞 女子団体 第1位
・ゴルフ部(右)
平成29年度広島県ゴルフ新人大会 女子 第2位 男子 第3位
 
・吹奏楽部(左)
第41回広島県アンサンブルコンテスト
クラリネット四重奏 金賞 金管三重奏 銅賞
・バスケットボール部(右)
第65回広島県高等学校バスケットボール新人大会 広島地区予選 第4位
 

その他、ESDより、3年生に向けて「フレンドリー・ブリッジプロジェクト」の協力依頼がありました。 これは主に、アフリカの発展途上国の子ども達に靴を送るという活動です。卒業後に使わなくなったグラウンドシューズを送ります。
また、400㎖の献血のお願いも併せてなされました。

平成29年度 第2学期終業式

師も走る12月となり、今日は2学期の終業式です。
◇終業式
●校長訓話 國貞 和彦 校長
まずは、在校生の先輩から寄贈していただいた「8月6日の奏鳴」というタイトルの絵を紹介され、講堂入口に飾られているので、その絵を見るたびに、ぜひとも先輩のこと、原爆のこと、平和のことを思い出していと思いを伝えられました。そして、一年を振り返り、今年一年は硬式野球部の準優勝や、中村将成君の広島東洋カープへの入団など広陵高校にとって、すばらしい一年となりました。中村君には今後も活躍をしてもらいたいと伝えられる中に、来年も明るい年にしたいとの思いが感じられました。
 授業については、全教室にプロジェクターを設置したことを取り上げられ、これからも「授業が真剣勝負の学校」として、新しい学びに取り組んでください。3年生は受験が控えている。広陵高校で3年間培った「最後の最後まであきらめない」広陵魂で乗り越え、夢を実現してくださいと、エールを送られました。
そして最後に、ある本の一節を引用され、「人生で何をやりとげられるか」は、「生まれ持った才能」よりも、目標を達成しようとする「情熱」や「粘り強さ」によって決まると書かれています。ぜひとも元旦の朝には、一年の目標を立て、前年の反省を活かしつつ、「情熱」と「粘り強さ」で目標を達成してほしいと思います。
 では、1月9日(火)には、みなさんが元気で登校してくれることを楽しみにしていますと締めくくられました。

◇入賞披露
・第2回実用英語検定試験
2級 菊本明宏 (4名合格) 準2級 水本百香 (18名合格) 3級 平井翔 (11名合格)

・実用数学技能検定
準2級 藤江泰斗 (6名合格) 3級 石丸由馬 (9名合格)

・校内漢字検定試験
1級認定者 3A加藤侑多 3A児島汐音 3A脊川颯栞 3A田坂颯 3B岡﨑輝一 3B武智涼恵 計6名

・平成29年度校内読書感想文コンクール
最優秀賞 1F 青木睦充「生の向き合い方」 優秀賞 2K 増田紀絵「人それぞれの生き方」 2L 木村 龍「心を整える」

[以降部活動表彰] 続きを読む

平成29年度 2学期始業式

長かった夏休みも終わり、今日から2学期が始まり、始業式が執り行われました。
◇2学期始業式
●学校長訓話 國貞和彦 校長
まずは、全国高等学校野球選手権大会準優勝という輝かしい成績を残した硬式野球部の活躍を讃え、応援で生徒たちが1つになれたことを嬉しく思うと述べられました。また、全国大会に出場したテニス部、柔道部、ボクシング部、剣道部、体操部の生徒たちの頑張りを労いました。その他、吹奏楽部のコンクールや野球応援の頑張り、学習に励んだ生徒たちや海外研修で語学習得に勤しんだ生徒たちの努力などに触れられました。2学期は3年は進路決定、2年生は修学旅行等の大きな動きがあり、それぞれがしっかりと取り組んでほしいと述べられました。また夏休み中に各教室にプロジェクターを設置したことで、ICT教育をより加速していきたい旨のお話もありました。

◇硬式野球部報告会
●校長挨拶 國貞和彦 校長
この度の硬式野球部の功績を讃え、122年の広陵の歴史に、また1つ大きな金字塔を打ち立てたことを喜びました。部員や野球関係者の労をねぎらった後、この準優勝は全校応援で声援を送った全生徒たちと教職員全員の準優勝でもあると述べられました。

●選手代表挨拶 硬式野球部 主将 岩本 君
まず、このような場を設けていただいたことへのお礼を述べた後、3年生最後の夏に準優勝という結果を残せたことへの喜び、幼い頃から夢見た甲子園は幸せで楽しい場所であったということを述べました。そして最後にこれからも広陵高校の野球は続くので、引き続き応援してほしいと締め括りました。

◇各種表彰披露
●英語技能検定試験 2級 山﨑実弦(3A) 準2級 免出龍輝(2J)他47名
3級 梶原恵太(1E)他35名 4級 信岡真桜(1B)他11名
●数学技能検定試験 2級 田村亮太(3B)他8名 準2級 竹本竜也(3H)
3級 勝浦宏信(1A)他17名
 

●柔道部
平成29年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
中国地区予選 男子 第2位 佐藤優磨
女子 第1位 宮本迪佳 女子 第2位 八巻衣音
平成29年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)
女子 第5位 飯田紀子
●陸上競技部
第65回広島地区高等学校夏季陸上競技選手権大会
男子三段跳 第7位 山田悠斗
 

●ボクシング部
第71回国民体育大会広島県予選ボクシング競技
ライト級 優勝 安田聖典 ライトウェルター級 優勝 岡本義都
ミドル級 優勝 三浦健人
●テニス部
平成29年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)
女子ダブルス 第3位 酒井 凛・牧 由貴菜
 

●吹奏楽部
第58回広島県吹奏楽コンクール 銀賞
●ゴルフ部
平成29年度中国高等学校ゴルフ選手権大会
女子団体の部 第3位
 

●バレーボール部
第20回中国私立高等学校バレーボール選手権大会 第3位
●フォークソング部
平成29年度高校対抗バンド合戦 優秀学校賞 優秀バンド賞
 

●バドミントン部
平成29年度広島市夏季大会
男子Bクラス 準優勝 新妻洋介 3位 堀川 隼
男子Cクラス 準優勝 竹中 遼 3位 久保田悠斗
男子Dクラス 優 勝 木村慎之介・馬場智矢
男子Dクラス 準優勝 中田朋希・小早川琉世
男子Dクラス 3位 森川貴登・武知 開
3位 高山浩輝・桑原和也
女子Aクラス 3位 山田美華
女子Bクラス 準優勝 林田結菜
女子Dクラス 優 勝 大竹莉瑚・森本かんな

以上、多くの生徒が、この夏にそれぞれの分野で躍動しました。2学期も充実した学期にしていきましょう!!

第99回全国高等学校野球選手権大会(初戦)

本日、甲子園球場にて初戦となる対 中京大中京戦が行われました。
1・2年生は全校応援。応援団は、昨日夜に出発し臨みました。
いよいよ始まります。


先に得点を許し、ピンチもありましたが・・・。


HR、適時打によりあれよ、あれよと得点を積み重ねます。


応援席も沸き、メガホンの波が揺れます。


対戦校もさすが甲子園出場校!得点差を詰めてきました。ドキドキの試合でしたが、どうにか勝利しました。


満員のアルプスも選手に称賛の拍手を送っていました。

2回戦は順延が無ければ、8月16日(水)第1試合。対戦校は熊本の秀岳館。
引き続きの応援をよろしくお願いします。
応援団は、15日夜に出発予定です。