平成30年度 芸術鑑賞

本日、5・6校時を使って芸術鑑賞会が行われました。今年は、カンジヤマ・マイムのパントマイムです。
代表の藤倉健雄さんはニューヨーク州立大学、そしてウィスコンシン大学大学院で演劇を学ばれ、アメリカマイムの巨匠トニー・モンタナ氏に師事。マイム歴はなんと42年。日本のパントマイムの第一人者でいらっしゃいます。
生徒は開演前から待ち遠しくてそわそわ。
いよいよ開演です。

◆校長挨拶・出演者紹介 國貞 和彦 校長
「芸術の秋」と言われるように、秋は芸術の鑑賞にふさわしい季節です。
人間の身体はすごい!というパントマイムを一緒に楽しみながら鑑賞しようと挨拶されました。

オノマトペを使い、「四季」に合わせて男女の感情を表したパントマイムです。
斬新なマイムでした。

以前はプロのダンサーをされていたとか!!
ステキなダンスを披露してくださいました。

途中で、生徒と先生も参加して、将来なりたいものの「銅像」になるパントマイム。
男子生徒は「宇宙飛行士」 女子生徒は「声優」
そして先生が子どもの頃なりたかったのは・・・なんと「刑事」
じっとしているのも大変なようです。

最後は、病弱な子どもを思い、懸命に生活をしている大道芸人(バイオリン弾き)のお話。
サイレントで少し大人向けのマイム。
子を思う愛と、子を失う悲しみが見事に表現され、心が揺さぶられました。

藤倉さんが伝えてくださったことは、パントマイムの素晴らしさだけでありませんでした。
これだ!!と思うものに出会ったら、とにかく続けてみよう。
それを職業にしなくても、続けていれば、自分が挫折したとき、
必ずそれが自分の後押しをしてくれるということ。
そして「一期一会」。
大切な人と当たり前のように、また明日会えると思うこと。それは幻想にすぎない。
だからこそ、誠実にその出会いを大切にしていきたい。
そうすれば悔いは残らない。
出会いに感謝し、いつも祈りを込めて舞台を務めているということ。

生徒たちはそのメッセージをしっかりと胸に刻んだことと思います。
笑いと涙と真剣な眼差しとが交錯した、本当に素晴らしいステージでした。

平成30年度 体育祭

雨天・台風により順延となっていた体育祭が、本日ようやく開催されました。
秋晴れの気持ちよい天候の中・・・・。日向は暑く御観覧の保護者の方々には申し訳なかったのですが・・・。
生徒達は元気に活躍していました。

〇開会宣言 生徒会体育部長 寳樂 綾乃 さん
体育祭の開催です。ルールを守って正々堂々とプレーし、平成最後の体育祭を楽しみましょう!

〇優勝旗返還

〇校長挨拶 國貞 和彦 校長
今年の体育祭は、大雨や台風のために今日に順延になりました。度重なる準備や片付けに大変な思いをしましたが、みんな一生懸命取り組んでくれました。本当にありがとう。どんな状況にも負けずに前向きに取り組む広陵生のすばらしさを見させていただきました。
今日は、これまで一生懸命取り組んできた成果を、日頃の学習の成果を見せてください。
御来賓の皆さま、保護者の皆さま。順延のため平日開催となったにもかかわらず多数お越しいただきありがとうございます。今日は本校生徒一人ひとりが、いきいきと輝いている様子を見ていただき、一生懸命頑張る姿に声援を送っていただければと思います。
それではみなさん、ルール・エチケット・マナーを守り、けがや熱中症に気をつけ、すばらしい一日にしましょう。

〇生徒会長挨拶 生徒会長 森川 未悠 さん
勝ち負けにこだわらず皆で力を合わせて体育祭を大いに盛り上げましょう!

〇選手宣誓 3年H組 道法 志歩 さん
宣誓、私達選手一同は、体育祭ができる環境、支えてくださっている方々に感謝し、被災された方々に勇気と感動を与えられる高校生らしい全力プレーをすることを誓います。

〇来賓紹介
平日にもかかわらず御来校いただきありがとうございました。

◆競技 全てご紹介したいのですが、以下はプログラムの一幕です。
〇人✕脚(1年生)、クラス対抗綱引き(2年生)
 

飛翔(3年生)、ダンスメドレー(3年生)
 

広陵秋の陣(1・2年生男子)
前だけに集中していると危ない!後ろから狙われているぞ!
 

タイヤ奪い(全学年女子)
学年が進むにつれて迫力も増してきます。
 

クラス対抗リレー(女子・男子)
やはり、一番の盛り上がりはここでしょうか。
 

テレビ朝日取材

甲子園での応援をテーマに、あの、ミュージックステーションに取材を受けました。

応援曲は様々ありますが、「サウスポー」と言えば広陵高校ということで、吹奏楽部andダンス部が取材を受けました。
甲子園さながらコンクールで金賞を取った吹奏楽部の演奏に、ダンス部の迫力のあるダンスがアルプススタンドを彷彿とさせました。
 
放送日(9月17日)が楽しみです。

平成30年度 第2学期 始業式

本日、第2学期始業式が行われ、2学期がスタートしました。夏休み中はそれぞれにおいて有意義な時間になっていたでしょうか。
■校長訓話 國貞和彦 校長
2学期の初めにあたって、改めて7月の西日本豪雨の復旧、復興に向けて、協力しながらやっていこうと呼びかけられました。その後、この夏を振り返り、硬式野球部の第100回全国高等学校野球選手権記念大会出場や、インターハイで活躍した体操部、女子柔道部、本校初の快挙となる吹奏楽部の夏のコンクール金賞受賞を始め、多くの生徒が様々な場面において活躍したり、積極的な活動を展開したりしたことを嬉しく思うと伝えられました。そして、この2学期を充実したものにするために、北京オリンピックのフェンシング競技で銀メダルを獲得した太田選手の言葉を最後に締め括られました。
「忘れてはいけないのは、努力をしたからといって、必ず勝てるとは限らない。それが大前提。でも、勝った選手は絶対に努力をしているのです。」

■入賞披露
●実用英語技能検定試験
2級 田之上亜門(3H) 他17名 準2級 石岡洋介(2E) 他23名 3級 木下愛梨(1H) 他30名 4級 加藤舞紘(1B) 他 5名
●実用数学技能検定
2級 山口匡裕(3B) 他 3名 準2級 山田悠斗(2C) 他17名 3級 石井さくら(1A) 他11名
 

●柔道部
平成30年度金鷲旗高校柔道大会 優秀賞 広陵高等学校
平成30年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ) 女子体重別 第5位 吉田智美 第5位 八巻衣音
●体操部
平成30年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ) 男子クラブ 第4位 東本侑也 男子スティック 第5位 東本侑也 男子個人総合 第4位 東本侑也
 

●陸上競技部
第66回広島地区高等学校夏季陸上競技選手権大会 男子三段跳 第3位 山田悠斗 男子走高跳 第5位 山田悠斗 男子フィールド 第8位 広陵高等学校
第97回広島市陸上競技選手権大会 男子やり投げ 第1位 安達力輝 男子三段跳  第3位 山田悠斗 男子4×100mR 第3位 蕪迫月翔 田中貴哉 曽根愉開 山田悠斗
第68回広島県高等学校対抗陸上競技選手権大会 男子三段跳び 第2位 山田悠斗 男子走高跳び 第8位 山田悠斗
●テニス部
第36回中国ジュニアテニス選手権大会 女子18歳以下ダブルス 第1位 酒井 凛 猪川結花 女子18歳以下シングルス 第3位 酒井 凛
第73回国民体育大会(少年の部)広島県予選 女子シングルス 優勝 酒井 凛
 

●吹奏楽部
第59回広島県吹奏楽コンクール 金賞 広陵高等学校
●ゴルフ部
平成30年度中国高等学校ゴルフ選手権大会 女子団体の部 第3位
第16回広島ゴルフ倶楽部杯高等学校対抗ゴルフ競技会 女子の部 優勝 広陵高等学校
第21回広島県高等学校ゴルフ選手権夏季大会・中学生大会 高校女子の部 第3位 由元結菜
 

廿日市はけん玉の発祥地ということで、毎年世界大会が行われていますが、夏休み中に本校生徒の乘岡君も出場し、世界5位になりました。デモンストレーションしてもらいましたい。
●第5回けん玉ワールドカップ廿日市2018 第5位 乘岡信吉
※世界5大陸18カ国から415名の参加

■SEAプログラム報告会(夏休み短期留学)
ニュージーランド・クラスとチャーチにあるミドルトン高校に短期留学を行い、授業、観光、ホームステイなど様々な体験を行い、多くのことを感じ、「英語」もより近くに感じられるようになったようです。

平成30年度 夏季学習合宿

8月17日(金)~20日(月)の本日まで3泊4日の日程で、本校の校外施設である芸北文化ランドにて学習合宿が行われました。2年生の進学クラスの87名が参加し、無事終了することができました。
朝から講義や自主学習の時間を取り学習を行います。

夜も学習。学習付けの一日です。

でも、先生に質問もし放題でやる気さえあれば、弱点克服のチャンス到来です。

しんどい学習の毎日にほっと一息の食事。夜は、校長先生からの差し入れのスイカで早食い競争が始まって盛り上がってます。おなかを壊しませんように・・・。
 

長いと感じた3泊4日も、もう最終日。校長先生も来られ、学習環境を提供してくれた保護者や先生方、施設の方々に感謝をしつつ、今回やり遂げたことを自信にして、第一志望校合格を勝ち取ってほしいと伝えられて、修了証を渡されました。