修学旅行 北海道 最終日

朝、ホテル前は白く雪が積もっていました。出発前に生徒が雪だるまを作っていました。バスに乗り、午前中は小樽へ。到着後も雪は降り続けたため、生徒は集合写真撮影を中止して、班別自主研修に入りました。バスガイドさんから、「北海道は洋菓子が美味しいよ」と聞いていたので、生徒は色々なお菓子屋さんを巡り、ガラス細工を眺め、寒がりながらアイスクリームを食べ、お土産をたくさん買いました。教員はその間に小樽運河へ足を運んでみました。雪を纏った小樽運河は、また格別の趣がありました。ちなみにこの時の気温は-0.2℃でした…。

再びバスに揺られ、新千歳空港へ。
ここで昼食と、最後の買い物を済ませます。生徒が色んな人を思い浮かべながら選んだお土産が、もうじきそれぞれのご家庭に届きます。どうぞお楽しみに。保安検査を済ませ、いよいよ帰りの飛行機へ。「飛行機が飛ばんかったら、あと1日おれるんかなー?」と尋ねてきた生徒もいました。まだまだ心は北海道にあるようです。離陸前、午前の雪が嘘のように晴れて、とても優しい夕日が私たちを見送ってくれました。

広島空港に到着。解散式を行います。生徒代表は、3泊4日を同行してくださった添乗員さんとカメラマンさんにお礼の言葉を述べ、団長からは「この修学旅行はこれまでの集団行動の集大成。これを折り返しとして今度は皆は進路決定、卒業へと向かっていく。気持ちを切り替えよう」という言葉で締めくくられました。大きな病気もなく最後まで皆で行動できた素晴らしい修学旅行でした。来週からは進路行事も入ってきて、いよいよ受験生へと変わっていきます。しっかり体調を立て直し、来週からの学校生活を頑張っていきましょう。

修学旅行 北海道 3日目

昨夜はヒルトンニセコビレッジに泊まりました。
バイキングの種類が豊富で、普段は食の細い子も
たっぷりお皿に盛り付けていました。

今日の午前中は、自然体験学習です。
前日の風雨で道路の状態が悪く
残念ながらマウンテンバイクは中止でしたが
アドベンチャーパーク、インドアロッククライミング、生キャラメル・アイス・絵皿に分かれて楽しました。生キャラメルは牛乳とクリームを煮詰めるところから始め、ミルクの濃厚な味がしてとても美味しかったです。インドアロッククライミングは、最初は恐る恐るでしたが、慣れると6〜7メートルをすいすい登っていきました。

ホテルに戻り、ジャガイモがごろっと入ったカレーを食べて、バスに乗り札幌へ。このあたりから本格的に雪が降り始めました。山越えをするために立ち寄った中山峠では、息もできないほどの猛吹雪に遭いました。生徒はめったにない経験に、キャーキャー言いながら吹雪を全身に浴びていました。

札幌に着いたら、班別の自主研修です。
ラーメンを食べ歩く班、お目当てのお菓子屋さんに行く班、観光を楽しむ班、思い思いの4時間を過ごしました。札幌でも雪が降り風が吹きつけ、顔や手がヒリヒリするほど寒かったのですが、生徒は時間いっぱいまで札幌市内を堪能しました。

明日は最終日。まだまだ雪や風が心配ですが、無事に広島まで戻ってこられますように。

修学旅行 北海道 2日目

朝御飯はホテルでいただきます。
このホテルは、朝食で北海道1位をとりました。
バイキングですが、お刺身やいくらもあり、
自分で海鮮丼が作れます。
生徒は2度、3度とおかわりをして楽しみました。

朝食後は函館朝市に行きました。
海産物、特に大きな蟹が元気よく動く様子に
見入ってしまいました。

その後、五稜郭公園へ。
タワーに登る人、公園を歩く人と
それぞれ分かれて見学しました。
展望台から見る五稜郭は、紅葉が映えて
とても美しかったです。
一部、床がガラス張りになっていて
男子が恐る恐る乗っていました。
また、展望台にはよく当たると噂の
コンピューターによる手相占いがあります。
教員も試してみましたが、当たっていました…。





まだまだ見学は続きます。次は北海道昆布昆布館へ。
商品を作る様子を見学したり、昆布アイスを食べたり、様々な昆布商品を試食して楽しみました。
午前最後は、国定公園、大沼公園へ。
熊の剥製がお出迎えしてくれます。

修学旅行 北海道 1日目

今日から修学旅行!どんな旅になりますかね?
さあ!おでかけ!

飛行機でひとっ飛び。きれいな青!

画像の関係で、もう着きました。旅の始まりです。

新千歳空港から、バスで4時間かけて函館へ。
途中、高速のSAで休憩。
16:30ですでに日没が近づいています。

17:30に函館山に到着しました。
観光客でとても賑わっていました。
夜はぐっと冷えて、マフラー・手袋をしていても
震えるほど寒かったです。
今夜は空気が澄んでとても月が綺麗でした。
生徒も月と函館の夜景を夢中で写真におさめていました。

今夜は函館に宿泊します。
生徒代表がホテルの方にご挨拶。
どうぞよろしくお願いします。

旅行は始まったばかり。
しっかり休んで明日に備えましょう。

入賞披露・防災訓練

本日5時間目は講堂にて入賞披露が行われました。
◆入賞披露
●テニス部
第72回広島県高等学校テニス新人大会
男子シングルス第3位 中島蓮翔
男子ダブルス第3位 中島・板垣
団体戦 男子第3位 女子第4位
●陸上競技部(全国大会)
JOCジュニアオリンピック第13回U18日本陸上競技選手権大会
U18男子三段跳第2位 山田悠斗
 

●卓球部
広島県卓球新人戦地区予選 男子団体第4位 A級昇格
●けん玉(部活動外表彰:世界大会)
North Amerika Kendama open 第2位 乗岡信吉
 

県大会、全国大会から世界大会まで、さまざまなところで頑張っています。けん玉ももう少しで優勝できたとか。次も頑張ってください。

6時間目は防災訓練が行われました。
地震による火災発生を想定しての避難訓練でした。災害はない方がいいですが、対策や練習は必要です。
まずは、机の下に避難。

堀教頭先生より講評がありました。
「学校では、日常で地震を想定した訓練を行っている。パニックになる人、冷静に判断する人、様々いるが、1分1秒は刻々と去って行く。『あと数秒あれば助かったのに。』とよく言われる。本日最初にグラウンドに出た生徒は1分、最後は8分15秒だった。訓練では10分以内に全員の避難がなされることを想定している。
日本では過去12年間、命に関わる地震は6回発生している。先月10月12日は台風19号で多数の方が亡くなられている。このように、地震以外にも様々な災害がある。今や日本は「災害列島」と言われる。避難訓練で大切にしてほしいことは、「冷静に落ち着く」ということ。それができれば、最善の動きができる。防災意識をしっかり持って有事の際には冷静に落ち着いて行動できるようにしていこう。」
といったお話しでした。

あわてず騒がず落ち着いて避難することが大切です。