長期留学特進プログラム報告3

本校で実施しています長期留学特進プログラムでニュージーランドに留学している生徒のレポートが届きましたので、4月の留学の様子を報告します。

 

4月1日から DAY LIGHT SAVINGが終わり冬時間になり、日本との時差は3時間になりました。 急に寒くなり夕方も暗くなる時間が早くなっていきます。南半球と北半球では季節が逆なので、この季節の感覚がなかなか実感がわかない不思議な経験かも知れません。季節の変わり目で寒くなったり暑くなったり変化がありますが、ここ2~3日秋晴れの良い天気が続いています。街の木々は、オレンジ、黄、赤に色付き今が本当に美しい秋の景色です。

11週間の1学期も13日(金)に終了し現在2週間の秋休みに入っています。本校の生徒は、学校のスポーツに教会の活動、自転車でサイクリングなど、こちらの生活を思う存分満喫しています。もう帰ることが想像できないほどニュージーランドの生活が楽しいようです。

三者面談は、親切にホストの方が行って話を聞いて下さいました。聞き取り、話すことはできているので、これからは、記述に力を入れ(こちらのテストは説明式が多いので)いくことが大切と助言されたそうです。

先日のイースターキャンプは、3000人が参加し、教会主催の大きなイベントで本校の生徒もニュージーランドらしいアウトドアー生活を楽しみました。お天気に恵まれ、アクテビティーやGAME、ダンス、歌など本当に楽しかったそうです。そのキャンプに参加した後、ミドルトンのKIWIの生徒が声をかけてくれたり友達が増えたりと、とてもいい思い出になったと話してくれました。

4月初めのワークショップでは、3年前に現地の高校を卒業した日本人学生で、今年無事にこちらの

カンタベリー大学を卒業する大学3年生生徒が、留学中自分がどう勉強し、ここまで辿り着いたかを話に来てくれました。英語の勉強方法や、大学で作った授業のノートの取り方など説明してくれて、本当に有意義なワークショップとなりました。刺激をいただき、各生徒これからの自分のゴールに繋がるヒントを得たのではないかと思っています。

ミドルトンのクインズタウンーワナカへの旅行は、お天気にも恵まれ4日間秋の紅葉のもと、様々な

アクテビテイを楽しみ、先日無事にクライストチャーチに帰ってきました。本校の生徒も今までの人生でこんな楽しかった旅行はない!と絶賛していました。連れて行って下さったミドルトンのインターナショナルの先生方に感謝したいと思います。

2学期は、4月30日からになります。

海外長期留学特進プログラム 留学レポート3月分

本校で実施しています長期留学特進プログラムに、今年度は1名参加しています。1月下旬に出国し、現在ニュージーランド・クライストチャーチにあるミドルトングランジスクールのインターナショナルで勉強しています。このプログラムをスタートして以来お世話になっており、昨年夏にスタートしたSEAプログラムもこのミドルトンで3週間実施し、今回留学している生徒もSEAプログラムを経験しています。先日現地からレポートが届きましたので、3月の留学の様子を報告します。

南半球のニュージーランドは、3月に入り秋になり日毎に肌寒さを感じる様になりました。日本と季節が逆で、4月の1日からDAY LIGHT SAVINGが始まります。(冬時間です)これ以降日本との時差も4時間(日本が朝の9時だと、ニュージーランドは午後1時)となります。

本校から留学している生徒は、学校生活、行事、学校のSPORTと自分の生活パターンを作り、こちらの生活にすっかり馴染んでいます。いつもlunchtimeに会う時は、美味しそうにご飯を食べながら近況報告をしてくれるようです。先日のミドルトンBBQでも、常にKIWI(現地の方)と交流し、積極的に英語で話しかけているようです。ホスト先でも散髪をホストにしてもらったり、自分から積極的に話しかけ生活しています。

1学期は、4月14日が最終日となり、3月末はEASTER HOLIDAY(キリストの復活祭)で金曜日から翌週の火曜日まで学校が休校で5連休となります。その間、クライストチャーチで盛大に行われるEASTER CAMPに参加します。広々とした公園にテントを張り、沢山のアクテビティがあり、地元の同年代の生徒さんと交流でき、貴重な経験ができることは間違いないと思います。

以下秋休みまでの予定です。

EASTER CAMP      3/29-4/2

MGS 三者面談      4/5 4/10

NZESC WORKSHOP     4/7

秋休み           4/14ー4/29

Queenstown 旅行      4/19ー4/22

以上、現地からのレポートでした。

カテゴリー: ESD

クラスマッチ

3月17日(土)と19日(日)はクラスマッチでした。

競技は、サッカー(男子)、バスケットボール(男子)、バレーボール(女子)、オセロ(男女混合)など、従来より行われていた種目に、本年度より競技かるた(百人一首)が追加されました。

各会場ではクラスの名誉をかけて、熱い戦いが繰り広げられました。

入賞クラスは20日の終業式で表彰されます。

 

 

平成29年度卒業証書授与式予行・表彰式、同窓会入会式

本日は明日3月1日に執り行われる卒業式の予行練習と皆勤・精勤の表彰、並びに全国大会・中国大会出場者への表彰がありました。

1限目は3A~3Lまでの入退場を中心に、明日の卒業式の練習を一通り行いました。

2限目には表彰式を行い、3年間皆勤の生徒を称えました。代表は竹本竜也くん。読み上げは学年主任の藤岡先生でした。

精勤は105名、代表は渡邉栞奈さん、副学年主任の大下先生が読み上げました。

全国大会出場23名の代表は硬式野球部の大橋昇輝くんでした。

中国大会出場の13名代表は柔道部佐藤有唯さんでした。

その後同窓会入会式を行いました。

同窓会長 飯盛豊さんによる挨拶。ご自分が高校生だったころの話も交えて新しく入会した後輩たちを暖かく迎えられました。

丸山壮史くんの新入会員代表の挨拶。

PTAならびに同窓会記念品贈与

PTAから代表の田村亮太くんへ、また同窓会からは代表の松崎光紗さんへ記念品が贈られました。

明日は卒業証書授与式本番です。明日10時開式です。

長期留学特進プログラム報告

本校で実施しています長期留学特進プログラムに、今年度は1名参加しています。1月下旬に出国し、現在ニュージーランド・クライストチャーチにあるミドルトングランジスクールのインターナショナルで勉強しています。このプログラムをスタートして以来お世話になっており、昨年夏にスタートしたSEAプログラムもこのミドルトンで3週間実施し、今回留学している生徒もSEAプログラムを経験しています。この1か月の留学の様子を報告します。

ニュージーランドに到着後、SEAプログラムで夏休みホームステイした家族と再会しました。夏以降、留学を成功するために毎日数時間スカイプなどで話をしていたので、スムーズに留学をスタートすることができたようです。また、1年間お世話になるニュージーランド教育サポートセンターの現地スタッフの方から2日間オリエンテーションがありました。この2日間はこれからの生活の仕方を中心に、諸注意や緊急時の対応、地図の見方やバス停の確認、さらには留学の目標設定を行いました。

週が明け、ニュージーランドは、連日真夏日和で暑い日が続いていました。1年間留学するミドルトンでは、2日間にかけてオリエンテーションが行われました。入学手続き、オリエンテーション、制服購入、テストを済ませることが出来ました。

ミドルトンのインターナショナルの先生方はとても親切で、親身に面倒を見ていただけるので、留学をスタートした生徒にとっても安心です。このオリエンテーション中は、モーニングTEAもランチも準備していただき、温かい歓迎のもと、安心して学校生活をスタートしたようです。本校の生徒も中国人、韓国人、タイ人、ドイツ人と初めて会う留学生と頑張ってコミュニケーションを取っていたようです。

ミドルトンのオリエンテーションやテストを全て終了し、2月から時間割に沿って授業を始めています。文房具も週末に揃えて新しいユニフォームに身を包みミドルトンの生徒の1人としての生活が始まりました。去年の8月にSEAプログラムで来た時は、広陵生だけの少人数のクラスの中で勉強しましたが、今回はまったく違う環境で12年生の内容の難しい授業のようです。毎年どの生徒も初めは授業が分からなくて四苦八苦します。英語での授業に慣れるまでは本当に大変かと思いますが、3か月無我夢中でやっていくとある日だんだんわかるようになっていくのが今までの例なので慣れて行って欲しいと思います。

2月中旬以降は、現地で購入した自転車で20分の距離を頑張って通学しています。留学する前からしっかり英語の準備をしていたため、授業も大体のことは理解できるようになり、英語で話すことに苦痛を感じないので、学校の連絡事項や集会での大切な情報をしっかり把握しているようです。授業も英語や数学以外に会計や経済、デジタルテクノロジーなどをとっているようです。

今後も留学の途中経過をご報告します。

 

カテゴリー: ESD