観月茶会について(お知らせ)

9月21日(金)に予定しておりました観月茶会は、悪天候が予想されるため、中止いたします。なお、参加を予定されておられました皆様におかれましては、御理解いただきますようお願いいたします。

ESD 8月下旬に届いた留学中の生徒の様子です。

今年のクライストチャーチの冬は、例年より暖冬で8月に入り過ごしやすい日々が続いています。日本を始め地球の各地での異常気象が起こっていますが、こちら南半球では冬が短く、あちこちで梅や水仙が3~4週間ほど早く咲き始め、気温が高いことを感じます。それに伴い、花粉の季節が早々とやってきました。黄色い花粉が道路や車にうっすらと見える感じです。花粉症にはまた辛い季節でもあります。

本校の生徒は、いつも元気に学校生活を楽しんでいます。去年自分が短期留学できたプログラムの後輩の生徒達が3週間程クライストチャーチを訪問した際には、自転車で率先して歓迎に空港に来てくれて先生や後輩の前で留学について熱く語ってくれました。堂々としてそして自分の経験や留学の貴重さを話してくれて 本当にこの1年で成長している姿が伺えます。後輩の生徒さんにも凄く刺激になったと思います。

また広島から留学の見学に来られた親子さんとも留学の先輩として語ってくれたり、ミドルトンの学校についてlunchtimeに会って話してくれたり、とても人の前に立ち話すという事が好きなようで感心しています。見学に来られた方から、「生徒達が生き生きしているのは、本当に楽しいからなんでしょうね」と感想を述べられていました。今が一番充実した生活!と述べるほど本当に毎日が楽しいようです。

好奇心が旺盛で、先日は高校生のCHAMBER MUSICの決勝を友達と聴きに行ったりとあらゆるイベントに参加しています。また先週末は、教会のハンマースプリングスのキャンプに参加し、楽しい温泉プールやYOUTHグループのメンバーと有意義な時間を過ごしてきたようです。誰かを見つけては話すという積極性が活かされ、どんどん輪が広がっていっているようです。こちらも常に良い時間を過ごしている生徒を見ていると本当にこちらも嬉しくなります。

最近は、来年の進路や将来の自分について考えている様で まだまだ外国で色んな勉強をしてみたいという気持ちが出てきて色々模索しているようです。こちらも色々アドバイスをしています。留学生活も残り3か月半 毎日の生活、学校生活を悔いの残らない様に過ごして欲しいと思います。

 

 

カテゴリー: ESD

テレビ朝日取材

甲子園での応援をテーマに、あの、ミュージックステーションに取材を受けました。

応援曲は様々ありますが、「サウスポー」と言えば広陵高校ということで、吹奏楽部andダンス部が取材を受けました。
甲子園さながらコンクールで金賞を取った吹奏楽部の演奏に、ダンス部の迫力のあるダンスがアルプススタンドを彷彿とさせました。
 
放送日(9月17日)が楽しみです。

平成30年度 第2回オープンスクール

9月1日(土)、昨夜から秋雨前線が雨を降らせる中、2018年度2回目の広陵高等学校オープンスクールを開催しました。

700名以上の参加者の皆様、ようこそおいでくださいました。

オープニングは8月の県コンクールで金賞を獲得した吹奏楽部による演奏。そしてダンス部の生徒とのコラボレーションが披露されました。


その後体育系クラブのユニフォーム紹介とデモンストレーションを行いました。
下は硬式野球部・体操部です。

國貞和彦校長先生の挨拶です。
豪雨災害のお見舞い、硬式野球部の甲子園出場の御礼。本校の進学・部活動・国際理解教育・ICT教育についての話を中心に挨拶されました。

その後、班に分かれ、校内を見学していただきました。校内の案内はボランティアの生徒が熱心に行ってくれました。

再び講堂に戻り、森川さん・下宮くん・平田さんによるパワーポイントを使った学校案内をご覧いただきました。施設、学習、部活動などほとんどの情報を網羅し、在校生の視点から、中学生にとってわかりやすい内容にまとめていました。

またサマープログラムのスライドDVDも紹介されました。最後は伊藤入試委員長の本校入試に係る説明が行われました。

午後からは部活動体験を行いました。天候が悪く一部のスポーツ系クラブでは室内で行われる予定です。

参加者の皆様、雨の中わざわざ御来校くださりありがとうございました。